MRJ、2号機の初飛行に成功!今夏に米国でも試験開始へ

  • 0
  • 0
初飛行するMRJの飛行試験2号機(三菱航空機提供)
 三菱航空機が開発を進めるリージョナルジェット機「MRJ」の飛行試験2号機が5月31日、初飛行に成功した。初飛行では県営名古屋空港を離陸後、太平洋側の空域で正常に飛行できるかなど、基本特性を確認した。今後は性能確認を続けていく。

 三菱航空機と機体を製造する三菱重工業では、早ければ今夏に米ワシントン州モーゼスレイクでの飛行試験を開始。2018年中頃の量産初号機引き渡しを目指す。

 MRJは2月16日に米国の航空機リース会社エアロリースと20機(確定10機、オプション10機)の発注について基本合意を締結。正式契約に至ると、受注機数は427機(確定233機、オプション170機、購入権24機)になる。

 一方、MRJと同じ低燃費と低騒音を特徴とする米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)製GTFエンジンを搭載する、リージョナル機大手エンブラエルの新型機「E190-E2」は、予定を大幅に前倒しして5月23日に飛行試験初号機が初飛行に成功。MRJと同サイズの機体であるE190-E2は、同じく2018年の納入開始を目指している。


COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

飛行試験2号機が初飛行。早ければ夏に米国での試験を開始します。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる