川崎重工、空自向け次期輸送機「C-2」の初飛行に成功

  • 0
  • 8
初飛行する次期輸送機C-2の量産初号機(川崎重工提供)
 川崎重工業が航空自衛隊が導入を予定している次期輸送機C-2の量産初号機がは5月17日に初飛行に成功した。C-2の量産初号機は17日午前11時28分、航空自衛隊岐阜基地を離陸。約3時間飛行後、同基地へ着陸した。

 C-2は現行の輸送機C-1の後継機で、全長43.9メートル、全幅44.4メートル、全高14.2メートルで、最大積載量はC-1の約3.8倍となる約30トンを計画。航続距離は12トン搭載時で約6500キロとなる見通し。エンジンは米GE製CF6-80C2を2基搭載し、スラストリバーサーを用いた自力後進にも対応する。

 コックピットにはヘッドアップディスプレー(HUD)を装備し、フライバイワイヤによる操縦システムを採用した。川崎重工は2011年度に量産初回契約を受注。量産機の設計や製造を進めてきた。初号機納入は2016年度内を予定している。

 2001年度から同時開発を進めている海上自衛隊の固定翼哨戒機P-1は、2012年9月25日に量産初号機が初飛行に成功し、2013年3月26日に防衛省へ納入している。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

川崎重工が今年度納入を目指す次期輸送機C-2が17日に初飛行しました。

関連する記事はこちら

特集