クリオネ?目玉のおやじ?富士通「ロボピン」がおもてなし

  • 0
  • 1
 ロボットが来場者をおもてなし―。富士通は19、20日に東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開く自社イベント「富士通フォーラム」で、新型のコミュニケーションロボット「RoBoPin=写真」(ロボピン)をお披露目する。

 ロボピンは海中生物の「クリオネ」と、妖怪漫画に出てくる「目玉おやじ」を合体したような愛嬌(あいきょう)ある外観。来場者一人ひとりに最適なメッセージを伝え、豊かな感情表現でおもてなしする。

 ロボット体験コーナーはイベント会場に4カ所設けた。入場時に登録された来場者の属性と、ビーコンで収集した会場内の移動履歴をクラウド上に集約。その情報を基に、近づいてきた来場者を順番におもてなしする。ロボピン同士も情報を連携させるため、対面するたびにおもてなし度が深まっていく。

 ロボピンは独自の関節配置や胴体、頭部、腕を連動させたダイナミックな動きと、頭部の発光ダイオード(LED)の多彩な表現が特徴。今回は参考出典で、イベントでの反響を見て製品化を検討する見通しだ。

日刊工業新聞2016年5月19日 電機・電子部品・情報・通信1面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

なかなかない、ドキッとする形ですね。しかし「ロボ○○」という名前のロボットがありすぎてそろそろネーミング限界なのではと思います…

関連する記事はこちら

特集