シャープ2位に後退、国内太陽電池の販売量。世界トップに立った企業が次々苦境に

15年度は京セラが初の首位

  • 0
  • 1
 2015年度の太陽電池販売量で、京セラが国内勢で首位になったことが明らかになった。国内市場が縮小に転じる中、海外販売を本格化した京セラは前年度並みの120万キロワットを維持した。一方、14年度まで首位だったシャープの販売量は前年度比40%減で2位に後退。住宅向けが停滞したパナソニックは同35%減、三菱電機も同20%減少した。16年度は各社が海外進出や蓄電池と組み合わせた住宅への提案を強化し、需要後退への対応を急ぐ。

 京セラは年度後半に大規模太陽光発電所(メガソーラー)向けが回復した。米国とタイ向けの販売が国内需要の減少を補い、1割だった海外比率を2割に引き上げた。

 シャープは13年度に200万キロワット以上を販売、一時は2位以下を大きく引き離していた。ただ、材料高騰や価格競争で採算が改善できず、自社生産を縮小していた。15年度は太陽電池の市場縮小が追い打ちをかけた。

<全文は日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

COMMENT

松木喬
編集局第二産業部
編集委員

ついにシャープが国内2位に後退しました。1990年代後半に世界首位に立つなど、世界の太陽光産業をリードしてきたシャープです。それにしてもQセルズ、サンテックと、世界首位にたった太陽電池メーカーは次々に経営危機を経験しています。中国インリーも厳しい状況に置かれています。

関連する記事はこちら

特集