キヤノントッキ、真空蒸着装置の生産能力を倍増へ。有機ELの投資に対応

  • 0
  • 1
 キヤノントッキ(新潟県見附市)は2016年度中に、有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレー製造に使う真空蒸着装置の生産能力を15年度比2倍以上に引き上げる。有機ELディスプレーは米アップルが新型スマートフォンへの採用を検討しており、韓国勢や日本勢が投資に動いている。

 同装置の生産能力の拡大に向けて人員を増やすほか、協力会社への増産要請や製造委託先の拡大を進める。またキヤノングループの製造拠点や人員も活用する。受注拡大が続けば、主に量産機を生産する平塚事業所(神奈川県平塚市)でのライン増設も視野に入れる。

(ジャパンディスプレイが試作した曲がる有機EL)
<全文は日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます> 

日刊工業新聞2016年5月9日

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

アイフォーン向けに有機ELパネルを供給予定のLGとサムスン。蒸着装置が量産へのボトルネックになっているという報道もあり、キヤノントッキの動きはその対応と見られる。

関連する記事はこちら

特集