遅れを取り戻す!「MRJ」米国の空へ

秋から試験飛行。今後約2年で計2500時間を飛ばす

  • 1
  • 1
 国産小型ジェット旅客機「MRJ」を開発する三菱航空機(愛知県豊山町)は秋から米国で試験飛行を始める。開発環境が整った米国で少しでも早く試験を始められるよう「秋頃を予定していた北米への試験機の回送(フェリー)を夏に前倒しする」(森本浩通社長)方針だ。2018年半ばに設定する全日本空輸(ANA)への初号機納入に向けて、MRJ開発の最前線は、日本から米国に移る。

 「お、出てきたぞ」。愛知県営名古屋空港(豊山町)のデッキに詰めかけた航空ファンはしきりにカメラのシャッターを切る。レンズの先にあるのはMRJの試験機だ。

 MRJは15年11月に、試験1号機が初飛行した。「もうすぐ2号機も初飛行する」(岸信夫副社長)。2号機は5月か6月、3、4号機はその1、2カ月後にそれぞれ初飛行する予定だ。

 これまで量産初号機の納期を4度遅らせた三菱航空機。この遅れを取り戻すためにも、米国での試験を急ぐ必要がある。同社が米国での試験拠点とするグラント郡国際空港(ワシントン州モーゼスレイク)は5本の滑走路を備え、晴天率9割と気象条件に恵まれる。

 日本国内での飛行は1日1回が限度だが「モーゼスレイクなら1日最大3回は飛ばせる」(岸副社長)。同社は試験機を4機持ち込むため、物理的には1日最大12回の飛行が可能だ。高高度での離着陸試験や寒冷地試験が可能な場所も、全米に点在する。
<全文は日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます> 

(昨年の初飛行)

日刊工業新聞2016年5月5日

COMMENT

MRJ開発はいつでも正念場。その中でも開発の成否を左右するくらいに重要なのが米国での試験飛行です。MRJは半年で44時間しか飛んでいませんが、今後約2年で計2500時間を飛ばさなくてはなりません。試験飛行で出るであろう改善項目を、日程を遅らせることなく機体に反映できるかが勝負です。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる