富士重、20年度の世界生産を120万台に設定

北米で能力増強、新しい専用車種を投入へ

  • 0
  • 1
3月に新車台を発表する吉永社長
 富士重工業は2020年度の世界生産台数を過去最高となる15年度比26%増の120万台規模に設定した。販売台数の6割を占める北米が好調に推移し、全般的に需要が旺盛だと判断した。米国工場の生産能力を増強するなど世界生産を拡大し、達成する。

 世界生産計画は主要サプライヤーに伝えた。16年度の世界生産は15年度比15・7%増の110万台程度に設定した。同社の世界生産が100万台を超えるのは初となる。新たに北米専用車を投入するなど20年度にかけて需要のけん引役となる新モデルを相次いで投入する。
<全文は日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2016年4月27日

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

全車種に新プラットフォームを採用する計画。どこまで収益拡大に貢献するか。

関連する記事はこちら

特集