楽天、ドローンで軽食配送―ゴルフ場でスタート、過疎地の運用視野

  • 0
  • 0
 楽天は25日、5月9日から千葉県御宿町のゴルフ場で、飛行ロボット(ドローン)を使って軽食などを配送するサービスを始めると発表した。利用者がスマートフォンの専用アプリで注文すると、ゴルフ場コース内の受取所にドローンが商品を届ける。将来は過疎地などへの配送についてドローンの活用を目指しており、今回の配送サービス実用化により、運営ノウハウなどを蓄積する。

 サービス名は「そら楽」。注文を受けると作業員が商品を専用の箱に入れ、ドローンの機体に取り付ける。タブレットで商品発送を操作すると、ドローンは自律飛行で離陸地点と受取所を往復する。受取所では着陸して商品を自動投下する。利用料金は当面無料。軽食や飲料、ゴルフ用品など約100点を提供する予定。約1カ月間行い、サービス継続や他のゴルフ場での展開を検討する。

 3月に同社が出資した自律制御システム研究所(ACSL、千葉市稲毛区)のドローンをサービス向けに共同で改良した。新たに荷物の投下機能を搭載し、着陸時には楽天技術研究所の画像認識技術を使う。ACSLが開発した国産オートパイロット技術により、強風時も安定的に飛行できるという。

 同社の三木谷浩史会長兼社長(写真)は物流分野におけるドローン活用について、「災害時の救援物資の運搬や山岳地への配送など無限の可能性がある。今回の商用サービスの開始はそれに向けた大きな一歩」と力を込めた。

日刊工業新聞2016年4月26日 電機・電子部品・情報・通信1面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

撮影やインフラ点検などでドローンを使う話はたくさん出てきますが、ゴルフ場で軽食やゴルフ用品を運ぶというのは面白いサービス。お客さんも喜びそうです。

関連する記事はこちら

特集