【熊本地震】ソニーと東京エレクトロン、今期業績見通し公表を延期

それぞれ5月に。16年3月期決算は予定通り月内に発表

  • 0
  • 1
ソニーの平井社長
**ソニー
 ソニーは28日に予定していた2017年3月期の連結業績見通し(米国会計基準)の公表を、5月に延期する。生産子会社のソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(熊本県菊陽町)の熊本テクノロジーセンター(同)が熊本地震により稼働を停止しており、連結業績に与える影響が予測できないため。16年3月期の連結決算は、予定通り28日に発表する。

 熊本テクノロジーセンターでは現在、被害状況の確認や早期復旧に向けた準備などを進めている。これまでの調査で建屋やクリーンルーム、生産装置の一部で損傷を確認しており、補強工事が必要な部分も出てきているという。

 また部品供給元の一部でも被災を確認している。

東京エレクトロン


 東京エレクトロンは26日に予定していた2017年3月期連結業績予想の公表を、5月12日に延期する。工場の停止など熊本地震による業績への影響を精査する。16年3月期連結決算発表は4月26日に予定通り行う。

 半導体製造装置やフラットパネルディスプレーの生産子会社、東京エレクトロン九州(熊本県合志市)の合志事業所(同)と大津事業所(熊本県大津町)は、熊本地震を受けて稼働を停止した。このうち合志事業所は、25日から段階的に生産を再開する計画。

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

ソニーはカメラモジュール事業で需要見込みが減少したとして、16年3月期に長期性資産で596億円の減損。営業利益は1月予想比300億円減の2900億円に下方修正している。カメラモジュールはアップルのアイフォーン向け。吉田さんがCFOになって、市場との対話が非常に丁寧になってので、予想も含めネガティブサプライズが起こりにくいように公表、説明するのではないか。

キーワード
東京エレクトロン

関連する記事はこちら

特集