飛行機降りてすぐ仕事!関西エアポート、空港にレンタルオフィス

 関西エアポート(大阪府泉佐野市、山谷佳之社長、072・455・2103)と日本リージャス(東京都新宿区、西岡真吾社長、0120・965・257)は、関西国際空港にレンタルオフィス「リージャスエクスプレス関西国際空港」を開設した。個室の事務室や会議室を備え、出張者や関空テナントの一時利用を見込む。料金は共同ラウンジが1時間1000円、1人用の半個室が同1500円、個室オフィスが同2500円、会議室が同5000―9750円(全て消費税抜き)。

 関空のビジネス客への対応強化のために設置。インターネットや印刷、コピー、ファックスも利用できる。「一般客の視線を気にせず、個室で安心して出発時間まで仕事ができる」(田部章壽関西エアポート執行役員)環境を整えた。「各拠点から空港に集まって移動時間のロスなく会議ができる」(西岡真吾日本リージャス社長)とし、出張の効率化需要も掘り起こす。需要に応じて個室の長期利用も受け付ける。

日刊工業新聞2016年4月21日 建設・エネルギー・生活2面

昆 梓紗

昆 梓紗
04月21日
この記事のファシリテーター

飛行機搭乗までの時間や降りて移動までの時間に、メールチェックやちょっとした仕事をしたいもの。でも落ち着いて仕事ができる環境が、意外に空港では少なく感じていました。有料ラウンジもなかなかワサワサして落ち着かない。そんな中こちらは嬉しいサービスです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。