ベトナムで人気なのは揚げせんべい!亀田製菓、現地企業が販売主導で急成長

 亀田製菓のベトナム事業が急成長している。現地企業との合弁会社であるティエン・ハ・カメダ(フンイエン省)の売上高は2015年3月期に約8億円だったが、16年3月期には2倍以上と大幅に増加する見通し。最大の要因は前回に進出した際の反省を踏まえ、役割分担を明確にした経営体制を構築できたことだ。その結果、大ヒット商品の開発にも成功。ようやく需要に対応できる生産体制も整いつつある。

ヒット商品開発


 亀田製菓は1996年にベトナムの国営企業などと4社合弁で同国に進出したものの、99年に同国市場から撤退している。だが、転んでもただでは起きない。亀田製菓は13年に同国のティエン・ハ・コーポレーションと2社合弁で再進出する。

 前回の反省を踏まえ、明確な経営体制を構築した。亀田製菓は生産に、ティエン・ハ・コーポレーションは同国市場に精通しているグループ会社を通して販売に、それぞれ特化。また、想定されるリスクに耐えられるように、資本金を約5億円とした。

 この体制で亀田製菓は同国産のジャポニカ米を使用し、日本で培った米菓生産技術を生かした商品を生産。一方、ティエン・ハ・コーポレーションのグループ会社は、同国で強力な流通ネットワークを有する。道路整備と自動車の普及が進んでいない同国で、1000人規模のセールス・バイク部隊が津々浦々まで商品を供給する。

うれしい誤算「イチ」


 第1弾商品「ヨリ」が好調に推移する中、勢いを加速するため、14年4月に第2弾となる揚げせんべい「イチ」を投入した。これは同国で高級で健康によいとされる蜂蜜の量を増やすなど、日本の「揚一番」を同国人に受け入れられるように味付けを変えたものだ。

 ここでうれしい誤算が生じる。イチの販売が止まらない。そのため、ヨリの生産を中止し、イチを集中生産する。この思い切った経営判断も功を奏した。量産効果によりコスト削減と歩留まりの向上を実現した。ただ、今後も需要の増加が予想されることから、南部のハノイ工場に続き、15年10月に中部のダナン市近郊に建設した新工場を本格稼働する。

 ティエン・ハ・カメダの生産量は15年3月期で約1600トンだったが、新工場が稼働したため、16年3月期は約4000トンと大きく増加した。これは「つくれば売れる」(ティエン・ハ・カメダ取締役の深井浩史亀田製菓経営企画部マネージャー)状態が続くことを物語っている。

世界展開に勢い


 今後の課題は、旺盛な需要に対応できる供給体制の構築だ。現在は工場がある北部と中部地域にしか十分に供給できない。そのため将来はジャポニカ米の生産地が多く、同国最大の都市であるホーチミン市がある南部に工場を建設することを検討中だ。さらに人手不足を解消するため、工場の省人化を進める。

 今後はイチのバリエーションを増やすとともに、現在でも根強い人気があるヨリの復活を検討している。さらに食の安全・安心を徹底するため、品質管理体制の向上に継続的に取り組んでおり、ISOの取得も目指す。

 前回の反省から導き出された成功の法則は合弁で進出し、販売は現地企業に任せ、自社は生産に特化するということ。亀田製菓のグローバル展開に勢いがつきそうだ。
(文=新潟支局長・中沖泰雄)

日刊工業新聞2016年4月20日 建設・エネルギー・生活2面

昆 梓紗

昆 梓紗
04月20日
この記事のファシリテーター

現地企業に任せる部分と自社が担う部分をしっかりと見極めていることもそうですが、そもそも受け入れられる味でなければここまで「作れば売れる」状態にならなかったはず。どんな味なのか気になります。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。