4月16日21時30分更新【熊本地震・企業動静】半導体工場などの最新情報

●ローソン 16日17時現在、熊本県内141店舗中83店舗、大分県内171店舗中3店舗が休業中。停電や断水、商品棚など店舗設備の破損のため。本部社員を派遣し、修復を実施する。熊本県内では、営業中の店舗へ商品配送をしたが、道路の不通などで途中で引き返さざるを得ない状況が続き、28店舗への納入にとどまった。17日は佐賀チルド配送センターから弁当やおにぎり、ベーカリーなどを熊本市内に一括配送し、従業員らが乗用車などで各店舗に届ける。18日以降は熊本チルド配送センターから各店舗への直接配送を再開する予定。

●クボタ販売子会社の中九州クボタ(熊本県大津町) 玄米ペースト・麺工場(同菊陽町)は16日未明の地震による被害は確認されていない。 ほかにクボタの拠点として熊本市東区に建機販売子会社、三光クボタ建機があるが、大きな被害はないという。

●再春館製薬所(熊本県益城町)16日未明に起きた本震をうけてコールセンターの従業員の出社をとりやめた。15日午後に引き続き、通信販売の注文受け付けを停止した。商品の配送にも遅れが出ている。本震による従業員の安否、工場被害は確認中。15日の地震では工場(熊本県益城町)の生産設備が損傷し、現在も稼働を停止している。

●東芝 大分工場(大分市)は異常なし。念のため、部材調達網に支障が出ていないか確認中。

●東京エレクトロン 半導体や液晶ディスプレーの製造装置の生産会社である東京エレクトロン九州(熊本県合志市)の合志事業所(同)と大津事業所(大津町)では社員の被害、建物の被害はなかった。15日は確認作業を進めつつ午後から通常に近いレベルで稼働していたが、16日未明の本震を受け、生産を停止した。中に一部損傷があると見られるが、余震で中に入れず具体的な確認に時間がかかっている。従業員の安全を最優先にし、17日にかけて対策を考える。顧客への影響や、部品など調達への影響も精査中だ。

●ソフトバンク 熊本県や大分県の一部地域で、通信障害が発生している。移動電源車などを手配して、復旧作業に努めているが、16日14時現在、復旧時期の見通しは立っていない。

●ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(熊本県菊陽町)イメージセンサーを生産する熊本テクノロジーセンター(同)は、15日からの生産停止を継続。立ち上げに向けた確認作業を進めていたが工場内に入れず、確認作業が進んでいない。

●ルネサスセミコンダクタマニュファクチャリング(熊本市南区)半導体前工程の製造拠点で、自動車向けマイコンなどを手がける川尻工場(同)は引き続き製造を停止。設備の確認中にも大きな地震があり、従業員は一時避難した。まだ確認ができていない部分があるが、作業に時間がかかっている。後工程を手がける錦工場(熊本県錦町)は通常通り稼働している。

●アイシン精機 ドアフレームなどの自動車部品や液晶・半導体製造装置を生産するアイシン九州(熊本市南区)とエンジン部品を生産するアイシン九州キャスティング(同)の合計2工場が15日に続き、16日も稼働していない。設備など被害状況の確認を急ぐ。

●NTT西日本 熊本県内の一部地域と大分県内の一部地域で電話やインターネットが利用できない状況になっている。16日の通信サービス工事は熊本、福岡、大分、佐賀、長崎県内で中止。災害用伝言ダイヤル(171)、災害用伝言板(web171)は引き続き運用している。

●パナソニックプレシジョンデバイス(熊本県和水町)16日未明以降の地震発生を受けて再度、稼働を停止した。15日に一部の工場設備を稼働していた。現在は設備の安全を精査中で、17日以降の稼働は未定。従業員は全員無事を確認した。(16日第二報)

●京セラ 鹿児島県内の3工場(鹿児島川内工場、鹿児島隼人工場、鹿児島国分工場)に被害がないことを確認した。通常通りの業務を行っている。

●大分キヤノン(大分県国東市)デジタルカメラなどを生産する2工場に大きな被害はなく、従業員の安否も確認した。本社安岐事業所(同)は計画通り16日に通常操業し、17日も操業する予定。大分事業所(大分市)は16、17日をもともと休日としており、18日に計画通り操業する。(16日13時時点)

●三菱電機 パワー半導体を製造する熊本工場(熊本県合志市)は15日夜に工場内部や生産ラインを目視で確認し、甚大な損傷は見受けられなかったため再稼働に向けた作業を進めようとしていた。しかしその後に本震が起きたため、従業員は帰宅。16日も従業員は自宅待機している。

●九州エア・ウォーター南九州支店(熊本県宇土市) 16日午前中の時点では社員、充填設備とも震災の影響はない。設備などの状況は現在確認中。

●九州丸一鋼管(熊本県長洲町)16日午前中の時点では社員・生産設備のいずれも被害はない。部屋の蛍光灯が数本程度落下した程度で。18日は通常通り操業する予定。

●KDDI 熊本県や大分県の一部で通信障害が発生。停電の影響が大きいと考えられるため、移動電源車などを手配し、復旧を目指している。ただ16日12時時点で、復旧時期の見通しは立っていない。

●SCREENホールディングス 16日にスクリーン熊本(熊本県益城町)の社員全員の無事を確認した。生産設備も被害はなかった。すでに同社では本社に対策本部を立ち上げ、支援物資も発送した。18日から操業を再開する予定だったが、現在は再開するかどうか検討中。

●堀場製作所 16日、グループ会社の堀場エステックの阿蘇工場(熊本県西原村)の社員全員の安全を確認した。15日時点で影響がなかった生産設備については、現在改めて確認中。

●TOTOとYKK APは、16日に予定していた「TY熊本コラボレーションショールーム」(熊本市中央区)の開業を延期した。人的被害はなかったが、地震が続いているため延期を決めた。開業日は未定。

明 豊

明 豊
04月17日
この記事のファシリテーター

まだまだ余震が続き予断を許しません。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。