虎ノ門ヒルズの隣接地に超高層タワー3棟建設―森ビル、4000億円の新プロジェクト

  • 0
  • 0
「虎ノ門ヒルズ」は“国際新都心”へと変貌する
 森ビルは13日、大規模複合施設「虎ノ門ヒルズ」(東京都港区)の隣接地で新たにスタートする三つの大規模開発プロジェクトの概要を発表した。超高層タワー3棟が2022年度までに順次完成する計画。総事業費は約4000億円。完成後の虎ノ門ヒルズは区域面積が現状比4倍超の7万5000平方メートルに拡大。オフィスや住宅、商業施設、地下鉄駅などを備えた“国際新都心”へと変貌する。

 19年度に完成予定の「虎ノ門ヒルズビジネスタワー(仮称)」は36階建てで約9万4000平方メートルのオフィスフロアを備える。

 1階部分には都心と臨海地区を結ぶバス高速輸送システム(BRT)や、空港リムジンバスが発着可能なバスターミナルも設ける。地下鉄日比谷線の虎ノ門新駅(仮称)や既存の銀座線虎ノ門駅とも連結し、20年の東京オリンピック・パラリンピック開催を見据えて交通の結節点として機能させる考えだ。

 同じく19年度に完成予定の「虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー(仮称)」は地上56階建てで住宅600戸を供給する。

 虎ノ門新駅と一体開発する「虎ノ門ヒルズステーションタワー」は22年度の完成を目標とする。現在の虎ノ門ヒルズと同程度のオフィスやホテルなどを複合した施設になる見通し。最上階には大企業やベンチャー、一般にも広く開いた交流施設をつくる。

 同日、虎ノ門ヒルズで会見した辻慎吾社長は「(虎ノ門エリアは)グローバルビジネスセンターになる。今後5、6年で劇的に変貌する」と述べ、東京五輪開催を見据えて開発を加速する考えを示した。

日刊工業新聞2016年4月14日 総合3面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

虎ノ門、どんどん変わっていきますね。銀座線のホームが狭くラッシュ時に人が溢れ返って大変なので、地上のプロジェクトに合わせてぜひ地下も改善をしていただきたいです…

関連する記事はこちら

特集