現役アスリートの声、義足開発に生かす

三菱ケミカルHDのグループ企業が陸上短距離・前川楓選手とスポンサー契約

  • 0
  • 0
前川選手
 三菱ケミカルホールディングス(HD)傘下の地球快適化インスティテュート(TKI)は31日、義足で競技する陸上短距離の前川楓(まえがわ・かえで)選手(写真)とスポーツ用義足の開発に関するスポンサー契約を結んだと発表した。

 契約期間は4月から5年間。前川選手の大会出場やトレーニングへの経済的な支援を行う。前川選手はTKIが作成した炭素繊維複合材製スポーツ用義足の試作品のデータ解析に協力し、製品開発のアドバイスをする。三菱ケミカルHDのコンセプト「KAITEKI」のロゴが入ったウエアも着用する。

 TKIは2015年6月に産業技術総合研究所とスポーツ用義足の共同研究契約を結んでいる。この研究成果をもとに東京R&Dコンポジット工業(東京都千代田区)へ製作を委託した試作品を前川選手に提供する。一般用義足の性能向上を視野に20年までにトップアスリート向けスポーツ用義足の開発を目指す。

日刊工業新聞2016年4月1日 総合4・国際面

COMMENT

斉藤陽一
編集局第一産業部
デスク

企業は製品開発に現役選手の声を反映できる。選手は企業から経済的なサポートを受けられる。単なる広告効果だけではない、こうしたウイン-ウインの連携事例が今後も増えていくと良いですね。

関連する記事はこちら

特集