セントレアにもLCCターミナル

「787」の実物展示施設も

  • 0
  • 0
会見する友添社長
 中部国際空港は31日、格安航空会社(LCC)向けの新ターミナルビルを2019年度上期の供用開始をめどに整備すると発表した。また、15年に米ボーイングから寄贈された中大型旅客機「787」の試験初号機の屋内展示施設も17年度完成をめどに整備する。

 新ターミナルビルは現ターミナル南側の駐車場に建設する。今後、建築面積などを詰め、16年度に設計を始める。

 空港会社は20年3月期の年間旅客数目標を15年3月期比1・5倍の1500万人とする。友添雅直社長は会見で「急速に拡大するLCCのニーズに対応する」と語った。

 訪日外国人(インバウンド)需要の拡大などでLCCを中心に新規就航が相次ぐほか、今夏には同空港を拠点とするLCCのエアアジア・ジャパン(愛知県常滑市)も運航を始める。専用ターミナルを整備し、さらなるLCC誘致につなげる。

 787の屋内展示施設は、航空機産業のモノづくりを学べる施設や飲食、物販スペースも備える複合商業施設とする。

日刊工業新聞2016年4月1日総合4面

COMMENT

セントレアが長らく慎重に検討してきた新ターミナルですが、やっと決断に至った、という感じです。建設時期としては787展示施設の方が先になります。展示施設について、友添社長は「シアトルなどアメリカ的な雰囲気を持った空間にしたい」というですが、面白いものになるといいですね。

関連する記事はこちら

特集