コニカミノルタ、新規事業創出へ世界5拠点に本社人材送り込む

ロボット、スマートオフィス、医療などでベンチャーと連携

 コニカミノルタは新規事業創出に向け、組織体制を拡充する。4月以降、事業開発を行う「ビジネス・イノベーション・センター(BIC)」の人員を増強する。世界に5カ所ある拠点に、本社の人材を投入する。外部人材が中心のBICとコニカミノルタ本体の連携を加速し、より効率的な経営資源の利用を狙う。社内外のシーズを活用し相乗効果を高め、事業創出のスキームを確立したい考えだ。

 コニカミノルタは2017年3月期中に、若手を中心に技術系・営業系など部門を問わず、広く人材を集めてBICに送る。人数は今後詰めるが、最大で十数人程度になると見られる。BICは2014年に設立し、コンサルタントやメーカー技術者などの外部人材を中心に構成する。日本、米国、英国、シンガポール、中国に拠点があり、主にベンチャー企業を活用した新規事業開発に取り組む。

 重点分野はロボット、スマートオフィス、医療などで、現在は常時90―100程度の案件が動いている。17年3月期に一部事業の収益化を見込んでおり、将来は100億円規模の事業創出を目指す。

 新規事業創出に外部人材を登用することで、既存の枠にとらわれない事業開発を進めるとともに、事業化スピードは向上している。一方でコニカミノルタ内の経営資源を、有効利用し切れていないという課題もあった。ICT・サービス事業を統括する市村雄二執行役は「BICとコニカミノルタのパイプを太くすることで、より相乗効果が見込める」とする。

日刊工業新聞2016年3月28日
日刊工業新聞社電子版

明 豊

明 豊
03月28日
この記事のファシリテーター

ニュースイッチのファシリテーターで、シリコンバレーに駐在しているトーマツベンチャーの木村氏によると、シリコンバレーに駐在を置く企業の人たちの多くは現地のインナーサークルに入り込めていないという。また権限もないため、いちいち本社とやりとりする必要があり、とにかく事を動かすのにも時間がかかる。今回の本社人材が必ずしもそういうマインドと権限を持った人材か分からないが、せっかく行くのであれば、権限を与え、経営層がリスクをしっかりとるというメッセージを発信すべき。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。