モノトーンの新制服で攻める10周年スターフライヤー

  • 0
  • 0
門司赤煉瓦プレイスの階段を降りて登場する新制服を着用したスターフライヤーのCAと旅客係員
 3月16日に就航10周年を迎えたスターフライヤーは、客室乗務員(CA)と空港の地上旅客係員が着用する制服を、12月から刷新する。就航以来初の制服リニューアルだが、黒と白を基調とした機体に合わせたデザインは継承する。

 これまでCAと旅客係員は異なるデザインの制服だったが、新制服では統一。職責により、責任者と一般で分けることにした。コンセプトとして、同社のエアバスA320型機をイメージした、ゆるやかな曲線を採り入れた。

 黒と白を基調にしたデザインは、シンプルなものにまとめた。機能面では、CAや旅客係員の意見を採り入れ、現行制服よりもストレッチ素材の使用箇所を増やし、動きやすさを追求。機内や空港では、業務中にしゃがむ機会もあるため、ボトムからシャツが出ない工夫をしている。

 着心地にもこだわり、女性のブラウスをカットソーに変更。また、ジャケット以外にワンピースなども加え、各自が自由に着こなせるようにした。

 現行の女性CA用はジャケットとパンツの組み合わせで、旅客係員用はボトムスとしてスカートも選べる。新制服は両職種で同じものを着用することから、CAもスカートを選べるようになった。

 トップスは従来のジャケットにベストを加えたほか、ワンピースも選べるようにした。このため、ワンピースを除くと、ジャケットかベストのトップスに、それぞれパンツかスカートを合わせることができる。

 就航10周年を機に、職種ごとに大別していたものが、職責別になる新制服。責任者用は、一般用と同じジャケットに「つけ襟(えり)」と「つけ袖(そで)」が加わり、スカーフの代わりにアスコットタイを巻く。アスコットタイには、スターフライヤーのブランドコンセプトである「マザーコメット(母なる彗星)」を表わす2本の線を入れた。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

06年3月就航のスターフライヤーが初めてリニューアルする新制服

関連する記事はこちら

特集