バニラエア、社員が企画した「A320記念日」

2020年度末には約25機体制へ。社内外盛り上げ

  • 0
  • 0
香港行きJW343便の機内でA320記念日のプラカードを掲げるバニラエアの客室乗務員(同社提供)
 バニラエアは3月20日午前、運航するエアバスA320型機にちなみ、「A320記念日」と銘打ったイベントを成田空港で開いた。

 成田空港第3ターミナルのチェックインカウンター付近で、整備士によるA320に関するミニ講座を開き、記念撮影コーナーを設置。も抽選器(ガラガラ)によるくじ引きに参加した人の中から、抽選で40人にエアバスやバニラエアのオリジナルグッズをプレゼントした。

 バニラエアによると、香港便などの出発時間帯でもあることから、外国人にも抽選器による日本のくじ引きを楽しんでもらうことにしたという。また、A320に掛けて、一部の客室乗務員と地上旅客係員は三つ編みで勤務した。

 現在就航している国内の航空会社のうち、A320を運航しているのは導入順に全日本空輸、スターフライヤー、ピーチ・アビエーション、ジェットスター・ジャパン、バニラエアの5社。また、4社ある国内のLCCのうち、春秋航空日本を除く3社がA320を運航している。

 バニラエアは、1クラス180席仕様のA320を8機運航中。就航時に苦戦が続いたことから新造機の受領を一時中断し、黒字化を優先してきた。2016年度からは受領を再開し、4月27日の台北(桃園)-関西線就航前には、9機目の機材を受領する見通し。

 2016年度はA320を4機から5機増やす計画で、秋には10号機を受領。2020年度末には約25機体制を構築する。バニラエアによると、今回のイベントは9機目の新造機受領を前に、社内外を盛り上げたいと、社員が企画したという。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

3月20日に掛けてバニラエアがA320記念日のイベントを開催。エアバスやバニラのグッズが当たる抽選器(ガラガラ)を使ったくじ引きなどが行われました。

関連する記事はこちら

特集