東芝、水素で発電するエネルギー供給システムを“変なホテル”に納入

ハウステンボス向け、商業利用での採用は初めて

 東芝は太陽光発電と水で製造した水素で発電するエネルギー供給システム「H2One=写真」をハウステンボス(長崎県佐世保市)の「変なホテル」に納入し、運転を始めた。水素は電力換算で1800キロワット時を貯蔵でき、ホテル1棟12室の1年分の電力を賄える。14年秋のシステム開発の発表後、商業利用での採用は初めて。

 システムは太陽光発電の電力で水を分解して水素を製造する装置、水素貯蔵タンク、燃料電池、蓄電池で構成。水素をタンクにため、必要な時に燃料電池が電力とお湯を供給する。

 納入した「変なホテル」第二期棟はエネルギーを自給自足できる。東芝は水素を高密度に蓄えられる水素吸蔵合金を採用し、従来のタンクと比べ10分の1に小型化した。

日刊工業新聞2016年3月16日エネルギー面

COMMENT

松木喬
編集局第二産業部
編集委員

降り注ぐ太陽光と水があれば無尽蔵に水素を作り出せる東芝の「H2One」。水素はためておき、必要な時に搭載の燃料電池で電気を作れます。14年秋の川崎市役所での記者会見はインパクトがありました。蓄電池も備わっていて、太陽光がない時は蓄電池の電力を使います。太陽光、燃料電池、蓄電池など、個別に開発されてきた技術の集合体(システム化)というところにも興味を持ちました

関連する記事はこちら

特集