スターフライヤー、明日就航10周年のイベントを格納庫で開催!

北九州空港で、入場無料

  • 0
  • 0
昨年11月に開かれた地元向け感謝祭
 3月16日に就航10周年を迎えるスターフライヤーは、13日に北九州空港に隣接する同社格納庫「SFJメンテナンスセンター」で、記念イベント「STARFLYER’S HOME PARTY」を開催する。入場無料。

 格納庫内では、制服を着用して撮影できるコーナーやオリジナルグッズが当たる抽選会、飲食コーナーを設置。ステージでは、社員によるダンスパフォーマンスやお笑い芸人によるものまねショーなどが開かれる。また、子供連れでも楽しめるよう、遊具を揃えたキッズルームも設ける。

 飲食コーナーでは、博多駅前のホテル「ウィズ ザ スタイル 福岡」がカレーライスやハンバーガー、ビールやワインなどを提供する。

 会場までは空港から徒歩約10分。時間は午前10時から午後4時まで。混雑状況により、入場を制限する場合がある。空港駐車場も混雑が予想されることから、バスなど公共交通機関の利用を呼びかけている。

 スターフライヤーは、2006年3月16日に1路線目の羽田-北九州線を開設。機材はエアバスA320型機で、座席数は就航当初は1クラス144席、現在は150席となっており、大手の166席やLCCの180席と比べてゆったりとしたシートピットになっている。

 同社では、これまでにも就航10周年を記念したイベントを開催しており、2015年11月14日には、地元向けの感謝祭を開いている。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

16日に就航10周年を迎えるスターフライヤーが13日に北九州空港の格納庫で記念イベント。制服を着て記念撮影するコーナーやオリジナルグッズ抽選会も。

関連する記事はこちら

特集