ユニクロ、ローソンと商品受け取りで提携交渉

ネット通販の商品の店頭受け取りで利便性向上へ

  • 0
  • 0
オープンプラットフォーム化を進めるローソン
 ファーストリテイリングはカジュアル衣料専門店「ユニクロ」のネット通販で注文された商品をローソン店頭でも受け取れるようにローソンと提携交渉を始めることが分かった。

ファストリは大和ハウス工業と組んで東京・有明に大規模な物流センターの建設を進めており、完成すれば都内の顧客を中心にネット通販で購入した商品を即日配送する計画。物流体制の整備を進める一方で、顧客の一段の利便性を図るため、ローソン店頭などで受け取れるように交渉に入るとみられる。

ローソンも店舗のオープンプラットフォーム化を進めており、今月に入って佐川急便を傘下に持つSGホールディングスと提携。佐川が扱う通販の商品を店頭で受け取れるようにしたり、店舗を拠点に個別に配送する体制作りを発表したばかり。ローソンでも通販の商品を受け取りに来た顧客の次いで買いなど購買の促進にもつながるため、今後商品を受け取れるようにする提携先を増やす見通しだ。

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

コンビニの機能もどんどん変わるね。身近にある強みだ。

関連する記事はこちら

特集