シャープ、小学校向けタブレット学習システム−5分程度で毎日復習

  • 0
  • 0
 シャープは23日、小学校向けのタブレット端末学習用システム「STUDYFIT(スタディフィット)」の販売を5月から始めると発表した。学校向け教材の日本標準(東京都杉並区)と共同開発した国語と算数のデジタル教材を搭載。授業で学習した内容を1回5―10分程度の短時間で復習できる。生徒100人の学校だと教員用アプリケーション(応用ソフト)も含めて計80万円(消費税抜き、端末費用別)で提供できる。2016年度末に合計100の地方自治体へ導入を目指す。

 学力診断テストに基づき、生徒一人ひとりの学力に応じた問題を用意する。カリキュラム変更が不要で、短時間で個別指導できるため教員の負荷も軽減できる。同システムは14年に佐賀県多久市や日本マイクロソフト(MS)などと協力して実証研究したもの。中学、高校向けの提供も検討している。

日刊工業新聞2015年04月24日 電機・電子部品・情報・通信面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

子供も興味を持って学習しそうですし、先生の負担も減ります。 しかし、宿題に先生が赤ペンで丸つけしてコメントを書いて返却してくれるのは、ドキドキして、嬉しいものでした。そういう機能もあると素敵だなと思います。

関連する記事はこちら

特集