ファーストリテイリング、一足早い入社式―柳井会長「会社のエンジンに」

大学生らは、休暇を取得し卒業式参加

 衣料品店ユニクロなどを運営するファーストリテイリングは2日、東京本部のある東京ミッドタウンで今春卒業予定の大学生らを対象にした入社式を行った(写真)。柳井正会長兼社長は、参加した新入社員412人(うち外国人27人)に「会社を引っ張るエンジンとして、リーダーシップを持ち取り組んでほしい」とエールを送った。

 新入社員の代表は「世界一のアパレル小売りメーカーを目指す」と決意を述べた。

 同社は、4月末から5月上旬に繁忙期を迎えるため、他社より1カ月早い入社式を行っている。大学生らは、休暇を取得し卒業式などに参加するという。

 今春の入社予定者は計約1000人。高卒や基本的に転勤がない地域正社員などの入社式は4月に行う。

日刊工業新聞2016年3月3日 総合3面

昆 梓紗

昆 梓紗
03月04日
この記事のファシリテーター

新入社員も4月末から5月上旬の繁忙期には戦力として売り場に出ていくのでしょうか。春休みも遊んでばかりはいられません。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。