三菱自動車、国内全工場で戦略車「SUV」を生産。国内年60万台を維持へ

「RVR」次期モデルを名古屋製作所から水島製作所へ移管

  • 0
  • 1
相川哲郎社長とアウトランダー(写真は「PHEV」)
 三菱自動車は2019年度から、国内の全完成車工場でスポーツ多目的車(SUV)を生産する。SUV「RVR」次期モデルの生産を名古屋製作所(愛知県岡崎市)から水島製作所(岡山県倉敷市)へ移管し、年間10万―15万台を生産する。総投資額は約150億円と見られる。国内の完成車3工場全てで戦略車種のSUVを生産し、同60万台超の国内生産を維持する。

 19年度のRVR全面改良に合わせて生産を移管する。水島の完成車組み立て2ラインのうち1ラインをほぼRVR専用とする。水島で生産中のセダン「ランサー」はRVR移管と同時期に生産を終了する。もう1ラインで生産する軽自動車と合わせて、水島は同35万台のフル稼働を目指す。
<続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2016年3月3日1面

COMMENT

明豊
デジタルメディア局
局長

19年度以降の各拠点の生産車種は、名古屋がアウトランダーと新SUV、水島が軽とRVR、パジェロ製造が「パジェロ」と「デリカD:5」、アウトランダー。水島製作所の稼働率を足元の88%からフル稼働に引き上げるという。各自動車メーカー各社は生産車種を見直し、国内生産の最適化を図っている。日産は夏に「ノート」の生産を九州工場から追浜工場へ、ホンダは北米向け小型車「フィット」を寄居工場から鈴鹿製作所に移管しするなどして、国内生産を年間90万台半ばとする。

関連する記事はこちら

特集