ホンダジェットが羽田にやってきた!米国以外では初お目見え

仙台、神戸、岡山、成田へとジャパンツアーへ

  • 0
  • 0
羽田に初飛来したホンダジェット
 本田技研工業の米国子会社ホンダ エアクラフト カンパニーが開発した小型ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」が4月23日午後2時31分すぎ、羽田空港に初飛来した。ワールドツアーの一環で、日本を含む13カ国に飛来する予定。米国以外での公開は初めて。

 ホンダジェットは、20日にユジノサハリンスクから仙台空港へ到着。国内ではデモ飛行や地上展示などを、4空港で実施する。23日に羽田へ飛来後は25日に再び仙台、26日に神戸空港、5月2日から3日までは岡山市の岡南飛行場、4日から5日までは成田空港で公開する。

 その後、現地時間5月19日から21日まで、スイスのジュネーブで開催されるビジネス航空ショー「EBACE(European Business Aviation Conference&Exhibition)」に出展。スイスや英国、フランス、ドイツ、ベルギーなど、欧州各国でデモ飛行などを実施する。

 量産初号機の初飛行は、現地時間2014年6月27日午前10時18分(日本時間27日午後11時18分)に成功。HACI本社がある米ノースカロライナ州グリーンズボロ市のピードモントトライアッド国際空港を離陸し、飛行特性や各種システムの機能試験後、同社従業員1000人以上が見守る中、飛行試験を終えている。

 今年2月にはパイロット訓練用フライトシミュレーターを、米ノースカロライナ州のHACI本社に導入。飛行特性を高精度に再現したもので、さまざまな条件でのパイロット訓練を実施できるという。その後、3月にはFAAの事前型式証明を取得している。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

ホンダジェットが国内初お目見え。仙台空港から羽田に到着しました。ワールドツアーの一環による飛来で、今後仙台や成田などで公開します。

関連する記事はこちら

特集