事務職から現場へ出る人も。「けんせつ小町」が集まる重機講習所とは?

建設現場で働く人材最前線(下)

  • 0
  • 0
教習を受ける荒亜理沙さん
 「現場職としてレベルアップしたい」「今は事務職だが、重機も扱えるようになり会社に貢献したい」―。こんな意識の高い「けんせつ小町」が集まる教習所がある。

女性専用コース開設


 コマツグループのコマツ教習所宮城センタ(宮城県名取市)は、全国に17あるコマツ講習会場の中で唯一、女性専用コースを設けている。12年9月に開設。「車両系建設機械」「小型車両系建設機械」「フォークリフト」の三つの区分で導入している。14年度に約7900人が受講した同教習所において、女性は十数人。まだ数は少ないながらも「男性と混じって受講するのは恥ずかしい」と感じる女性や「事務職だが現場も知りたい」など意欲のある女性らが受講している。埼玉県など県外から学びにくる女性もいるほどで、ホームページや口コミを中心に受講生は年々増えている。

 教習所には女性が安心して受講できる体制が整っている。女性専用更衣室などの整備はもちろんのこと、受講のハードルを下げるために女性専用コースのみ無償実践コースを提供するほか、フォークリフト講習をできるだけ屋内で行ったり、必要に応じて託児所を開き、専門の保育士を準備したりするほどだ。受講生の多くが現場職でスキルアップしたいという女性だが、これから働きたい主婦や、建設業界で事務職や営業職として働いていた女性が、現場にも出られる人材を目指して受講するケースもある。

女性だけなら焦らずできる


 受講生の荒(あら)亜理沙さん(24)もそんな一人だ。
 15年10月末から建設業界で事務職として働きはじめた。「最初は(重機に)興味がなかった」が、重機や重機を扱う女性現場職を見ているうちに「外にも出て力になれたら」と受講を決めた。女性専用コースの存在も受講を後押しした。「男性に混じると、男性の方が上手で焦ってしまう。女性だけなら焦らずできる」とほほえんだ。
 女性コースの好評を受け、16年下期から「小型移動式クレーン」「玉掛け」の技能講習についても、女性専用コースを設ける計画だ。東日本大震災の爪痕も残る地域。宮川達弥宮城センタ所長は「復興の最前線で活躍してほしい」と期待を込める。

日刊工業新聞日刊工業新聞2016年2月29日 特集面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局DX編集部
記者

昨年度のミス日本みどりの女神の佐野さんも重機の資格を取っていましたが、「面白かった」と話していました。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる