託児所はリゾートホテル!人材難対策に大和リゾートが一手

自社の沖縄残波岬ロイヤルホテルに保育施設を開設

  • 0
  • 1
 大和リゾート(東京都江東区、柴山良成社長、03・6457・1551)は、自社が運営する沖縄残波岬ロイヤルホテル(沖縄県読谷村)で託児保育サービスを始めた。女性の活躍推進など従業員の福利厚生が主な目的。ホテル利用客も有料で利用可能。3200万円を投じ、ホテルの一部を改装した。「ロイヤルキッズガーデン=写真」として保育士の雇用を含めて自社運営する。

 沖縄県は出生率が高く、「社内の他ホテルより女性従業員の比率が高い」(同社)などの地域性に対応した。子育て制度を充実して人材確保と離職防止につなげる。

 施設の延べ床面積は約119平方メートル。託児定員は20人。客の利用は3日前までの予約が必要で、料金は3時間まで7000円(消費税別)。今後は同社運営の他ホテルへの展開を視野に入れる。


【柴山良成社長 一問一答】
―大和ハウスグループで初の取り組みということだが。
 「(ホテル内託児所は単体の)商売としては難しい。利益を求める部分もないではないが、ホテル職員の福利厚生がメーンだ」

―他ホテルでの展開は具体的に計画があるのですか。
 「まだない。沖縄は車社会なので、子どもを(職場に)連れてくるのが難しくないが、電車通勤では厳しい場所もある。まずは沖縄で福利厚生としてのノウハウを積み重ねたい」

日刊工業新聞2016年2月24日 建設・エネルギー・生活面

COMMENT

三苫能徳
西部支社
記者

沖縄の観光業界は特に人材不足といわれており、その環境下で他のホテルと差別化する試みです。大和リゾートは専門業者に委託せず、自社運営を選択。本気度がうかがえると同時に、それだけ人材確保の深刻さもかいま見えます。 ホテル客の利用シーンとしては、結婚式の着付けの間に新婚夫婦が預けるケースや、海でのアクティビティの間だけ利用するなどを想定しているとか。利用者は繁忙期で1日最大5人と見込んでいるそうです。

関連する記事はこちら

特集