リース会社が認めた「MRJ」の資産価値

  • 0
  • 1
MRJの購入について覚書を交わしたエアロリースのジェップ・ソーントン代表(写真右)と、三菱航空機の森本浩通社長(三菱航空機提供)
 【名古屋】三菱航空機(愛知県豊山町)は16日、開発中の国産小型旅客機「MRJ」について、航空機リース会社の米エアロリース(フロリダ州)から最大20機の受注で基本合意したと発表した。20機とも受注した場合、受注額はカタログベースで約1090億円。MRJの受注は日本航空(JAL)から正式受注した2015年1月以来約1年ぶりで、リース会社からは初めて。これで累計受注数は427機となった。

 16日開幕したアジア最大級の航空宇宙・防衛展示会「シンガポール・エアショー」で公表した。受注したのは座席数約90席の「MRJ90」で、確定受注が10機、キャンセル可能なオプション契約が10機。リース会社からの初受注で、資産としてのMRJの価値が市場に認められた格好だ。エアロリースへの納入開始は18年の予定。

 MRJは15年11月に初飛行。しかし、その後は一部の地上試験の追加などで、初号機納入を従来から約1年遅らせて18年半ばとしていた。一方、MRJの競合機種「E2」シリーズを18―20年にかけて投入するブラジルのエンブラエルも、同エアショー前までに計640機(確定267機、オプション・購入権373機)を受注済み。今後もMRJとE2の受注競争が激化しそうだ。

日刊工業新聞2016年2月17日機械・航空機面

COMMENT

新規参入、なおかつ開発中の機種にも関わらずリース会社に売れたということは画期的。MRJに金融資産として一定の価値があると判断されたということでしょう。エンジンやアビオニクス(電子機器)といった部分で実績ある欧米製を使っていることも、リース会社からの受注の決め手になったようです。

関連する記事はこちら

特集