“カゴ”をかぶせてMRIとPETを同時測定

放医研などが開発、2020年の実用化目指す。アルツハイマー病などの診断が簡単に

  • 0
  • 0
頭部にかぶせるコイルにPET用の検出器を埋め込んだ
 放射線医学総合研究所の山谷泰賀チームリーダーらは、既存の磁気共鳴断層撮影(MRI)装置を利用し、専用の“カゴ”をかぶせるだけで陽電子放射断層撮影(PET)とMRIを同時測定できる手法を開発した。MRI測定の際、頭部にかぶせるコイルにPET用の検出器を埋め込み、MRIとPETによる画像の同時撮影を可能にした。脳に異常なたんぱく質がたまることで発症するアルツハイマー病など脳の疾患の診断に使える。

 浜松ホトニクスや千葉大学などとの共同研究。今後装置の改良を進め、2020年の実用化を目指す。価格はコイル1個当たり1億円以下を見込む。

 PETとMRIを同時に測定できるため、測定時間を短縮でき、患者の負担軽減につながる。また同時計測することで患者の体の動きを補正し、診断精度を上げられる利点がある。
<続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2016年2月12日 科学技術面

COMMENT

明豊
デジタルメディア局
局長

PETとMRIを一体化した装置が発売されているが、装置や建物の工事費用などを含め7億円程度の初期費用がかかるとされ、新手法が実用化されれば普及が進む。

関連する記事はこちら

特集