ANA、座り心地重視の新シート トヨタ紡織と国内線向けに開発

  • 0
  • 0
ANAの新シートに座る高梨選手
 全日本空輸(ANA/NH)とトヨタ紡織(3116)は4月21日、国内線普通席用の新シートを共同開発したと発表した。座り心地を重視し、どのような体格の人にもフィットするシートを目指した。トヨタ紡織が航空機用シートを手掛けるのは初めて。6月から導入を始め、2017年3月末までに国内線用ボーイング767-300型機6機に導入する。

 新シートの開発は、3年前にスタート。1年間の検討期間を経て、2年間で開発した。ANAの篠辺修社長によると、ANAから共同開発を依頼した。同社が実施した乗客への満足度調査では、国内線はシートへの要望が全体の4分の1にのぼるという。

 トヨタ紡織側では、腰をしっかりと支えることで、筋肉の疲労を抑えてリラックスできる姿勢になるシート構造を採用。身長181センチの日本人男性や、148センチの小柄な女性など、どのような体格の人が座っても、疲れにくいものを目指した。背面の成形を工夫することで、自動車のシートのように座った人を包み込むような座り心地を実現した。

 シートピッチとシート幅は従来のシートと同じで、ピッチが31インチ(78.7センチ)、幅は17.5インチ。配列は2席-3席-2席となる。ANAの国内線用767-300の普通席は1機あたり260席で、計1560席導入する。篠辺社長は「導入から5、6年程度使う予定」と語った。

 航空機用シートは、耐荷重試験や耐火性試験など、高度な安全性の証明と、長期間のサポートが求められ、参入障壁が非常に高い。トヨタ紡織では、2014年11月にシートの仕様承認と、製造する豊橋東工場の認定事業場の資格を、国土交通省航空局(JCAB)から取得。トヨタ紡織で自動車用シートを手掛けてきた社員のほか、かつてKIホールディングス(旧小糸工業)で航空機用シートを開発していた社員数人も携わった。

 トヨタ紡織の豊田周平社長は「最後まで諦めない執念で開発した」と語った。今後の航空機用シートビジネスについて、豊田社長は「市場をきちんと見て検討していく」と述べるにとどめた。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

ANAが自動車用シート大手のトヨタ紡織と新シート開発。 国内線普通席用で、ボーイング767-300機に搭載します。 座り心地を重視したシートで6月に導入を開始し、 計6機に搭載する計画です。

関連する記事はこちら

特集