三井造が新潟造船を支援。分担建造で損失拡大くい止める

  • 0
  • 0
 三井造船はグループの新潟造船(新潟市中央区)で建造する欧州向け海洋支援船建造を全面支援する。設計変更や不具合などで工程が混乱し、今期に入り合計約110億円の損失を計上するなど連結業績に多大な影響を与えている。新潟造船での4隻連続建造計画を撤回し、三井造船の玉野事業所(岡山県玉野市)、千葉事業所(千葉県市原市)で分担建造し、多様な人材を送り込むなど、グループの総力をあげて、損失拡大をくい止める。

 新潟造船は2014年3月に、カナダ・ディーケイグループ傘下のオランダ・ALPから世界最大級のえい航能力(300トン)を持つ海洋支援船4隻を受注した。200億円規模とみられる大型受注となったが、工事が難航し、予想を超える資機材の増加、現場工数の増加が発生した。
<続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2016年2月10日1面

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア事業担当 DX統括

IHIも工程混乱で大きな損失を計上、建造体制の変更を余儀なくされている。日本は「大きなもの」を作る力がそれほど強いわけではない。今後はITと連携したスマート工場やスマートシティなど単品ではなく、システムの組み合わせも出てくる。インフラの海外輸出で、工程管理、プロジェクト管理は大きな課題だ。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる