コンサドーレ札幌のサポは“Jリーグ新電力”を購入するか

「電力だけで安くできるシンプルなプランを」

  • 0
  • 1
新会社設立の記者会見
 【札幌】サッカーの北海道コンサドーレ札幌を運営するコンサドーレ(札幌市西区、野々村芳和社長、011・777・5310)は電力小売り事業に参入する。

 コンサドーレが2015年12月に設立した電力販売会社のエゾデン(札幌市北区)に、リージョナルマーケティング(同)が2月16日に出資し、役員体制も整える。利益を道内のスポーツ振興や子育て支援に還元する方針。

 リージョナルマーケティング出資後の資本金は1000万円。出資比率はコンサドーレが50%、リージョナルマーケティングが50%。2月上旬に料金メニューを発表する。新電力大手のエフパワー(東京都港区)と提携し、4月1日に供給を始める。当面の販売目標を5万件としている。

 エゾデン新社長に就任する本間哲平コンサドーレ取締役は「電力だけで安くできるシンプルなプランを考えている。全道民に興味を持ってもらえる形にしたい」としている。

日刊工業新聞2016年1月26日エネルギー面

COMMENT

松木喬
編集局第二産業部
編集委員

4月以降、何を基準に電力会社を選ぶかが話題となっています。電力料金を比較して安い会社に切り替えるのはシンプルです。価格の次の基準がブランドイメージでは、と取材で感じています。好感を持てる、好きな会社から電力を選ぶ家庭が多いと思います。コンサドーレに愛着を持つ人、さらに地域の会社を応援したい人は、コンサドーレから電力を購入するのではないでしょうか。

関連する記事はこちら

特集