マツダが軽「フレア」にターボ搭載車、充実させた装備の中身

  • 0
  • 1

マツダは軽乗用車「フレア」にターボエンジン搭載車「HYBRID XT=写真」を追加し、発売した。同時に全グレードで安全装備を充実させ、外観や内装の一部を改良した。価格は138万6000―183万1500円(消費税込み)。月800台の販売を計画する。

全車種に前走車と一定の車間距離を維持する全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)と、車線逸脱抑制機能を標準装備し、安全機能を高めた。

「HYBRID XT」や「同XS」では、外観のフロントグリルやヘッドライトなどにスポーティーな意匠を採用、メーターなどの内装には黒を基調としたデザインで力強さと上質さを表現した。

日刊工業新聞2022年9月14日

キーワード
マツダ

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる