隊列走行や短距離送迎、自動運転の標準化に着手へ

経産省が今夏にも

  • 0
  • 0
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による隊列走行の実証実験
 経済産業省は自動車業界と共同で、2016年夏にも自動走行に必要な技術の開発や標準化に着手する。トラック後列車両が自動で走行する「隊列走行」、駅や病院、小売店までの短い距離を自動走行車で送る「ラストワンマイル」サービスなどが対象。いずれも人手不足や高齢化などの日本が抱える課題を緩和するもので、18年度の実証試験入りを目指す。
<続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2016年1月25日1面

COMMENT

明豊
デジタルメディア局
執行役員 DX担当

自動運転ではこの分野が一番現実的などでとにかくスピード感を持って取り組んで欲しい。省庁の縦割りを超えメーカーだけでなく物流関連企業も巻き込んで。

関連する記事はこちら

特集