東芝・富士通・VAIO、パソコン統合固まる。持ち株会社方式で

 東芝、富士通、ソニーのパソコン事業を分社化したVAIO(バイオ、長野県安曇野市)が、パソコン事業の統合に向け、持ち株会社を設立する方向で協議していることが20日までに明らかになった。持ち株会社の傘下に、それぞれのパソコン事業会社を置く形が有力だ。3月までの基本合意を目指す。”オールジャパン体制“で、パソコン市場での起死回生を図る。
<続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2016年1月21日1面

COMMENT

明豊
デジタルメディア局
局長

これからオールジャパンが続々誕生します。パソコンはBツーBが一定需要あるので、生産拠点の統合や販売のローコストオペレーションができれば生き残ってはいけるでしょう。問題は持ち株会社の経営権をファンドが握ることになれば、どこかで出口戦略が必要になり、将来、海外メーカーと統合ということもありえる。

関連する記事はこちら

特集