大和ハウスが入居者に格安携帯を提供

  • 0
  • 0
 大和ハウス工業は2016年度内にも、賃貸住宅管理物件の入居者に携帯通信サービスを始める。大手携帯電話会社より利用料金を安価に設定する。月々の家賃と携帯利用料を一括請求するほか、光回線通信と携帯通信込みの家賃プランなども視野に入れる。入居者にワンストップで提供する利便性の高い生活関連サービスを充実し、賃貸住宅の付加価値向上を狙う。契約目標数などの事業計画は今後詰める。異業種による通信事業参入が相次ぐが、大手賃貸管理会社の参入は初めて。
<続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2016年1月20日1面

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

賃貸契約のタイミングで生活関連サービスを提案できるのが強みか。引っ越しで生活の場が変わる時は通信契約も変えやすいかも。

関連する記事はこちら

特集