欧州の高性能車が採用、曙ブレーキ開発「ディスクブレーキキャリパー」の性能

  • 0
  • 3
採用されたディスクブレーキキャリパー

曙ブレーキ工業は25日、独フォルクスワーゲン(VW)傘下のセアト(スペイン)が手がける高性能車ブランド「クプラ」に同社のディスクブレーキキャリパーが採用されたと発表した。同ブランドへの採用は初。ピストン径の最適な組み合わせで摩擦材の摩耗や熱伝達を均一化。高い制動性能や軽量化、耐久性を実現した。同事例をテコに欧州での拡販を目指す。

搭載する車種はクプラのクロスオーバースポーツ多目的車(SUV)「フォーメンターVZ5」。フォーミュラ・ワン(F1)などモータースポーツ用ブレーキの開発で培った技術を応用し、摩耗、熱伝達の均一化や高い放熱性を実現した。キャリパーサイズを最適化し、ブレーキ制動時の安定性も高めた。

日刊工業新聞2022年7月26日

キーワード

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる