ヤマト、LINEで配達予定や不在連絡―再配達減に期待

  • 0
  • 0
握手するヤマト運輸の長尾社長㊧とLINEの出澤剛社長
 ヤマト運輸はLINEと連携し、配達予定や不在連絡などをLINEを使って通知するサービスを19日に始める。ヤマト運輸の会員制サービス「クロネコメンバーズ」のクロネコIDとLINEのアカウントを連携すると、配達予定や不在連絡のほか、集荷の依頼や再配達の依頼などを、LINE上のメッセージでやりとりできる。

 ヤマトとLINEは2年前からサービスの構築に着手。システム開発を進めてきた。ヤマト運輸の長尾裕社長は「レスポンスが早いLINEを活用することで利便性が拡大し、再配達の件数も減らせる」と期待感を示した。

 今後は送り状をLINEで作成し、コンビニエンスストアの店頭端末やセールスドライバーの端末から印字できるサービスなど、宅急便のさまざまな手続きを、LINE上で完結できるシステムの開発を進める。

日刊工業新聞2016年1月18日 建設・エネルギー・生活面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

再配達の依頼など、電話するのを忘れてしまったりドライバーとタイミングが合わなかったり…。LINEならもっと手軽にやりとりができそうですね。

関連する記事はこちら

特集