ソフトバンクなど異業種けん引の「FIT」開始10年、再エネ普及は孫さんの提案が効いた!?

  • 0
  • 1
オリックスが手がける最大出力5万kW超のメガソーラー(新潟市西区)

再生可能エネルギーで発電した電気の固定価格買い取り制度(FIT)は開始から1日で10年を迎えた。電力の異業種がFITを活用して再生エネの導入をけん引しており、オリックスは太陽光発電だけで約93万キロワットの発電設備を全国各地に設置した。ソフトバンクグループは太陽光発電と風力発電を合わせて約72万キロワット導入した。この2社だけで、日本全体の再生エネ発電量の1%近くを供給するまでに拡大した。(編集委員・松木喬)

オリックスは大規模太陽光発電所(メガソーラー)を約76万キロワット、流通施設などの屋根置きを約17万キロワット整備した。メガソーラーからは年8億3900万キロワット時、屋根置きからは年1億8500万キロワット時の電気を生みだした。

また、ソフトバンクグループは子会社のSBエナジー(東京都港区)が再生エネ事業を展開する。メガソーラーは全国47カ所に約66万キロワット、風力発電は2カ所に約5万キロワットを開発した。メガソーラーは年7億893万キロワット時、風力は年1億233万キロワット時を発電する。

再生エネは20年度に日本全体で1983億キロワット時の電気を供給した。オリックスとSBエナジーの合計18億キロワット時は、ほぼ1%に相当した。異業種から参入した2社は、二酸化炭素(CO2)を排出しない電気の供給拡大に貢献している。

京セラ、累積7.7億kW時発電

また、京セラが主導して鹿児島市に建設した7万キロワットのメガソーラーは、13年11月の稼働から累積7億7000万キロワット時を発電した。完成当時、日本最大のメガソーラーだったこともあり、累計4万8000人が見学に訪れ、地元経済にも貢献した。

FITは太陽光や風力、地熱、水力、地熱、バイオマスの普及を後押しする仕組み。発電した電気を長期間、決まった価格で電力会社が買い取ることを保証したことで、異業種から多くの企業が参入した。経済産業省によると21年末までに6554万キロワットの再生エネ設備が新規に稼働した。

日刊工業新聞2022年7月1日

COMMENT

松木喬
編集局第二産業部
編集委員

オリックスとソフトバンクの2社で、日本の再生エネ発電量の1%近くを供給しています。10年前まで電力事業と関わりが薄かった2社が1%はすごいと思いました。大震災後、孫さんが国会で電田プロジェクト(耕作放棄地で太陽光発電)を提案したことを覚えています。もしかしたらあの発言が今の再生エネ普及につながったのかもしれません(言い過ぎ?)

キーワード

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる