メンテ費2割減、キャタピラージャパンが新型「ホイールローダー」投入

  • 0
  • 0

キャタピラージャパンはメンテナンス費を同社従来機比最大2割削減したホイールローダー「Cat966/972」を発売した。エンジンオイルやエンジンオイルフィルターの交換間隔を同2倍の1000時間に延長。掘削時の前輪スリップを抑える機能などにより生産性も最大1割高めた。

消費税抜きの価格はバケット容量4・4立方メートルの「966」が5544万4300円、同4・8立方メートルの「972」が5834万1000円。

日刊工業新聞2022年6月27日

キーワード

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる