JAXA、電離圏の高温度層解明へ。あす観測ロケット打ち上げ

  • 0
  • 0
S-310型ロケット(JAXA提供)
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、地球上空にある電離圏の中で高温度層が発生する仕組みを解明するため、観測ロケット「S―310―44号機」を内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から15日12時に打ち上げる予定。高度約100キロメートル付近に達した際、ロケットに搭載した観測機器で高温度層内のプラズマや電子の加速などの現象を観測する。こうした現象の解明は全地球測位システム(GPS)の精度向上などに役立つ可能性がある。
<続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2016年1月14日科学技術面

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア局長 DX担当

冬場の緯度25―32度の上空には、太陽光の入射で発生する大気の運動を原因とした電流が発生することがある。実験では電子密度や磁場などを5種類の機器で観測し、現象の解明を目指すという。

関連する記事はこちら

特集