船倉7つ備える、川崎重工が引き渡したバラ積み運搬船「アクアルビー」の性能

  • 0
  • 1

川崎重工業は、中国拠点で建造していたバラ積み運搬船「アクアルビー=写真」をレプタシッピングに引き渡した。穀類や石炭、鉱石などの貨物を搭載可能な船倉を七つ備える。電子制御式ディーゼル主機関の搭載や、推進効率の高いプロペラ形状の採用などにより燃費性能を高めた。

全長228・9×幅32・24×深さ20・2メートル。載貨重量8万2015トン。定員25人。パナマ船籍。

日刊工業新聞2022年6月21日

キーワード

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる