唯一の軽スポーツ車・ダイハツ「コペン」、情報発信拠点が閉店の背景事情

  • 0
  • 1
ダイハツ工業 コペン「クーペタイプ」

ダイハツ工業はスポーツ軽乗用車「コペン」の情報発信拠点「コペンローカルベース・カマクラ」を26日に閉店する。自動車業界で唯一続く軽スポーツ車のコペンが6月で発売20周年を迎えたのを機に、販売促進を図る目的が一定の役割を終えたためとしている。25日にコペンのオーナーを招き、最終イベントを開く。今後の生産・販売計画は未定。

同拠点は2014年にコペンの情報発信やオーナーの交流を図るカフェとして神奈川県鎌倉市に開設。海のイメージに富む地で、ダイハツがシンボルの一つとするコペンの販売促進を果たしてきた。軽スポーツ車はホンダが「S660」を22年3月に生産終了し、コペンが唯一となっている。

日刊工業新聞2022年6月15日

キーワード

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる