自動配送ロボットで商品お届け、楽天・パナソニック・西友が始めたサービスの仕組み

  • 1
  • 1
西友つくば竹園店を出発する自動配送ロボ

楽天グループ、パナソニックホールディングス(HD)、西友は、茨城県つくば市で自動配送ロボット(UGV)の公道走行による配送サービスを始めた。サービス提供期間は5月28日から7月30日までの毎週土曜日の計10日間。約1000世帯を対象に、西友つくば竹園店(茨城県つくば市)で取り扱う商品を注文から最短30分で配送する。

対象地域の住民は、楽天が開発したスマートフォン向けの専用サイトから商品を注文する。西友つくば竹園店で取り扱う商品のうち、生鮮食品、冷蔵・冷凍商品、弁当や総菜など2000点以上が注文可能。手数料は110円(消費税込み)。配送中は、専用サイトでUGVの位置情報や到着予定時刻を確認できる。

UGVは、パナソニックHDが開発した自動配送ロボット「クロスエリア・ロボ」を活用。同社の遠隔管制システムを用いた遠隔監視・操作で自動走行する。

日刊工業新聞2022年6月1日

キーワード

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる