日本初、独立系スタートアップ向けデットファンドが設立

  • 0
  • 0
(左から)光井香織取締役、福田代表、石倉壱彦取締役

SDFキャピタル(東京都品川区)はスタートアップ向けデットファンドの設立を発表した。紀陽銀行やマネーフォワードなどが出資した。事業会社などから出資を募り、2023年春をメドに総額50億円を目指す。スタートアップにベンチャーキャピタル(VC)や金融機関以外の資金調達手段を提供する。

アーリーステージと呼ぶ創業間もない企業から、新規株式公開(IPO)を間近に控えたレイターステージまで幅広く対象にする。福田拓実代表は「次の資金調達までのつなぎ資金や株式の希釈を防ぎながら、資金を確保したいニーズはある」と設立の背景を語る。SaaS(サービスとしてのソフトウエア)やフィンテックなどを手がける企業の利用を想定する。

スタートアップ向けのデットファンドは従来の投融資に加え、転換社債や新株予約権を組み合わせたもの。欧米では広く認知された資金調達手段の一つ。同社は日本でのスタートアップ向けデットファンドの融資機会は2000億円前後あると推定している。

日本では、あおぞら銀行傘下のあおぞら企業投資(東京都千代田区)がスタートアップ向けのデットファンドを手がけるが、独立系では同社が初めてだという。

ニュースイッチオリジナル

キーワード

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる