トヨタが「アルファード」に特別仕様車、搭載したシステムは?

  • 0
  • 2

トヨタ自動車は、高級ミニバン「アルファード」の特別仕様車「S”タイプ・ゴールドⅢ”=写真」を13日に発売する。接近する車両を検知するブラインドスポットモニターや、後方から接近する車両を検知して衝突の危険性がある場合に自動ブレーキが作動するパーキングサポートブレーキを搭載。内装では自発光式メーターの周縁部に金色の装飾を施したほか、シートに上質で肌触りの良い表皮を採用した。

兄弟車「ヴェルファイア」でも、同様の装備を設定した「ゴールデン・アイズⅢ」を同時に発売する。価格はともに430万6000円(消費税込み)から。

日刊工業新聞2022年5月10日

キーワード

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる