ICチップ奪い合いで納品遅れ…クレカに半導体不足の影

  • 20
  • 10

半導体不足の影がクレジットカード業界にも忍び寄る。カードのICチップには半導体が使われる。2022年に入り、一部の大手クレジットカード会社ではカードメーカーからの納品遅れが発生している。カード利用者への発行自体が遅れるまでには至っていないが、予断を許さない。

クレジットカード会社、アプラス(大阪市浪速区)の提携カード「マネックスカード」。券面は白を基調とし、ICチップは色の近いシルバーを採用しているが、ICチップをゴールドに変更して発行する旨を「2―3月頃から(カード申込者に)周知し始めた」(マネックス証券)。

カードに搭載するICチップはゴールドの方が圧倒的に多い。シルバーの流通量は元々少なく、マネックスカードはシルバーを特別に注文していた。シルバーのICチップ量が減り、ゴールドに切り替えたという。

ある大手クレジットカード会社の関係者は、半導体不足による利用者へのカード発行の影響は「ない」と言い切るが「今年に入り、カードメーカーからカードの納入遅れがあった」という。別の大手カード会社関係者も「ICチップの取り合い」と明かす。

一方、カードメーカー関係者は「現在の受注分についてICチップの在庫は満たしている」とし、生産への支障はないとする。

ただICチップはカード向けより車載向けの価格が高いとみられ、半導体不足で車の減産が相次ぐ中「車載用に先行して供給され、カード用は後回しにされている」(カードメーカー関係者)との声も聞こえてくる。


【関連記事】 どうなる半導体不足 ~最前線の経営者とトップアナリストが解説~

日刊工業新聞2022年5月4日

キーワード

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる