日本電産、まだまだ攻める。車載事業に500億円投資

海外工場で増産体制

  • 0
  • 1
永守会長兼社長
 日本電産は車載事業の拡大に向けて、海外工場で増産投資に踏み切る。約500億円を投じてメキシコ、ポーランド、インド、中国の各工場を増強する。電動パワーステアリング(EPS)用モーターや電子制御ユニット(ECU)、オイルポンプ、ウオーターポンプの需要拡大に対応する。同社では生産技術研究所の新設なども計画しており、全社では2016年度に1000億円を超える投資額となる。

 メキシコのモーター工場でEPS用モーターを増産するほか、ドイツのニデックGPMのオイルポンプや、日本電産サンキョーのプラスチック成形品の工場も増設する。また中国の大連工場では精密小型モーターの生産をベトナムに全面移管しており、空いたスペースを車載モーターの増産に振り向ける。
<続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2016年1月5日 自動車

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア事業担当 DX統括

日本電産全社では15年度は900億円を見込んでいる。先進運転支援システムの想定以上に拡大しており、増産を急ぐ。16年度は1100億円超ぐらいになりそう。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる