コマツ・ホンダの共同開発、電動ショベルが持つメリット

レンタル販売を開始

  • 0
  • 0

コマツは、ホンダと共同開発した電動マイクロショベル「PC01E―1=写真」の国内レンタル販売を始めた。管工事や造園、農畜産などの利用を見込む。動力源として、ホンダが開発した着脱式可搬バッテリーや電動パワーユニットを搭載。電気のパワーがなくなってもバッテリー交換で作業を継続できる。実利用を通じて普及と認知度向上を図る。

電動式のため騒音や排熱を大幅に低減できる。排ガスゼロのため環境に優しく、屋内作業でも使いやすいメリットがある。低回転でも力を発揮する電動モーターの採用により、低回転数では現行のエンジン式以上の掘削性を発揮。エンジン回りで必要とされていたメンテナンスや燃料補給作業も不要になり、日常点検・保守の負担を軽減できる。


【関連記事】 建機メーカーが大注目する異色のレンタル会社

日刊工業新聞2022年3月31日

キーワード

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる