中小企業庁と特許庁、沖縄で初めて中小企業向けイベントやります!

来年2月2・3日

 中小企業庁と特許庁は2016年2月2、3の両日、那覇市で中小企業向けイベントを開く。2日は海外展開や地域資源活用をテーマにした「一日中小企業庁in沖縄」、3日は「巡回特許庁in沖縄」をそれぞれ実施する。いずれも沖縄県開催は初めて。

 一日中小企業庁では海外展開などに実績のある地場企業によるパネル討論、ヤマト運輸の梅津克彦執行役員グローバル事業推進部長による講演会などを行う。また「一日中小企業相談室」を併設し、法律や金融などについて弁護士らが相談を受ける。

 巡回特許庁は7月に関西での実施に続く2回目。企業支援機関の職員に向けた面接審査のセミナーや中小企業との意見交換、沖縄地域知的財産戦略本部の会合を開く。

 主催は各庁と内閣府沖縄総合事務局経済産業部。一日中小企業庁は沖縄県が主催に加わり、沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ(那覇市)で2日13時半から。巡回特許庁はセミナーを3日11時から沖縄県市町村自治会館(同)で行う予定。

 沖縄県は9月に「アジア経済戦略構想」を公表。自然や文化などソフトパワーや、東アジアの中心にある地理的優位性を生かした地場企業の海外展開を掲げている。また11月と12月には沖縄県発明協会と台湾、香港の知財団体が連携協定を結ぶなど知財分野の動きが活発化している。両イベントでは、域外展開や知財活用といった中小企業の経営課題の解決を支援し、沖縄の経済振興につなげる狙いだ。

日刊工業新聞2015年12月30日2面

三苫 能徳

三苫 能徳
12月31日
この記事のファシリテーター

いずれも沖縄では初開催。好況な沖縄経済を地場の中小企業の力で、さらに押し上げる動きにつながってほしいです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。